Monthly Archives: 10月 2014

これからについて

どうもおひさしぶりです。
もうすっかり秋ですね。

 

今年も昨年同様コミティアとか行こうと思ってたんですが、私生活が忙しすぎて断念しました。

他人からするとそれほどでもないんでしょうが私にしたらとても忙しく、精神的にゆとりもなく体調も崩すわでふんだりけったりな状態がちょっと長続きしてましたもので。
ちなみに今は仕事の忙しさは変わらないものの、心身は落ち着いております。

 

てなわけで本題に入りますが、これからのことについて少しお話しておきたいと思います。

このブログをご覧になってる方は知っての通り、このブログ(元はサイトでしたが)、更新がほぼない状態です。
まあ元々私自身結構筆不精こともあり、なかなか定期的に記録をつける癖がないのも大きな原因なんですが。

そもそもそんな自分が何で自分がサイト始めたかというと、興味本位と周囲の後押しがあったからなのです。
先に断っておきますと、別に現状を人のせいにしたいわけでないです。

どうも自分はなんらかの目的や意志がなければ物事を完遂することができない性格のようで、ようは義務と責任がなければ何にもできないダメ人間なわけです。いまさらですが。

なのでむしろ人様に進められたからというような意志薄弱な状態で物事を始めてしまった自分に問題があったと認識しております。
で、この現状を前にして、このまま知らん顔をしているわけにはいかないだろうとようやく重い腰を上げたわけであります。
まあそう思うならもっと早くにしろよという話なんですが、言い訳すると忙しかったので・・・。

正直ちょっと精神的にしんどかった時は創作活動すらしたくなかったこともあり、一旦全部やめてしまおうかとも考えました。
そうすれば精神的にも楽だし、何にも負い目を感じることなく私生活を送れますし。
ですが、そうしてしまったらおそらく不精者の自分は二度と再開しない可能性があります。
創作することの喜びや楽しみ。あくまで自己満足の範囲ですが、これらを子供の頃から知っているので、完全に心から嫌いになることはありえません。
あと、人との繋がりを再認識する出来事があり、創作を通じて出会った方々との縁をここで切ってしまうのはとても惜しいと思いました。
なのでこの場所はこのまま残しておくことにしました。
もちろん可能な限り顔を出す予定にしていますが、如何せん先述の通り、今もなお忙しい現状が続いているので正直どこまでできるかは謎ですが・・・。

それともうひとつ、私は自分に課題を出すことが必要だと思うので、ここにて宣言します。

 

来年秋の関西か東京のどちらかのコミティアで本を出します。

 

大事なことなのでもう一度言います。

 

本だします。

 

何で来年の秋かというと、全くやったことないことを始めるうえ、何を描くかすら一切決めてない状態なので恐らく次の冬と春には間に合わないだろうということと、夏は毎年バテてるので体調的に無理だろうという判断です。

来年のことを言うと鬼が笑うそうですが、笑いたいやつには笑わせておけばいいのです。
笑われてでもやらなければ私は何一つ変わらないでしょうしね。

これからできることを少しずつ始めていこうと思います。

もしもこれを読んで少しでも楽しみにしてくださる方がいるのであれば、喜ばしいことです。
どうぞ暖かい目でそっと見守ってくださればと思います。

 

お知らせとしては以上です。
長文失礼しました。

 

 

 

 

以下、ここ最近にあった私事についての記述です。
私が繋がりについて再認識した面白くも、楽しくもない、薄暗い話。

自分の気持ちの整理と戒めとして記録したいのと、あと恐らくほんのちょっと同情を買いたいだけの記録であり、人が読む事を前提としない文字の羅列が続きます。

読まなくても支障はありません。読んでつまらなかったり、嫌な気持ちになっても責任は取れません。
あくまで私事です。