神戸&京都一人旅~京都編

黒髪美女が描けるようになりたい。

 

そんなわけで神戸&京都一人旅のラスト、京都編です。異人館編に比べたらそうとう短いです。

 

神戸&京都一人旅~異人館編

 

座ってる人練習。

 

神戸&京都一人旅異人館編です。
写真盛りだくさんです。

 

続きよりどうぞ。

 

 

神戸&京都一人旅~旧市街地、南京町編

遅ばせながら9月に神戸と京都に行ってきたので
なんとなーく撮った写真をつらつら公開していこうと思います。

 

 

三連休を利用したのですが、そもそも三連休の真ん中の日に
大学時代の友人たち京都で会う約束をしたため、
せっかくだからその前日から乗り込んで旅行してやろうという計画に至ったわけであります。

 

ちょろっと長々するので一旦たたみます。

 

サイトデザイン

久しぶりの久しぶり。

10月入っていつまでも夏仕様のサイトにしておくわけにはいかないので
ナチュラルに一番最初のデザインを持ってきたでござる・・・
実は季節毎にタイトル周囲の文章が違っていたり。
デザイン変更した際の雑記の一番下に小さく載せていた文章がそれでした。

ここで一度まとめをば。

 

秋:秋ごろにサイトスタート。紅葉っぽい色合いを目指して。
Omnium rerum principia parva sunt.(全ての物事の始まりは小さい。)
スタートらしい言葉ということでキケローの格言より。(ラテン語)

 

冬:まっちろけ。
Ich  lebe mein Leben und du lebst dein Leben.(私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。)
フレデリック・パールズの「ゲシュタルトの祈り」より。ある意味このサイトの基本理念。(ドイツ語)

 

春:もこもこ桜色!
Petite et accipietis, pulsate et aperietur vobis.(求めよ、さらば与えられん。叩け、さらば開かれん。)
新約聖書より。動かなければ何も始まらないのさ。(ラテン語)

 

夏:さわやかに。
Geh deinen Weg und laß die Leute reden.(己の道を行け。言いたい奴には言わせておけ。)
ダンテの格言。まさにお言葉通り。(ドイツ語)

 

なんだかんだもうすぐ開設一年が経とうとしてますが、結局ほぼ何もできず仕舞いな感じです・・・
とはいえ焦っても仕方ないのでのんびりゆっくり続けていきたいと思います。
と何度言い続けてきたことか!!←

そういえば9月、10月とちょこちょこ一人旅してきたのでまた後ほどレポあげたいと思います。
ではこの辺で!

見えているものしか見えない

tr

「Tabula Rasa」中盤くらいの二人。
たぶんくだらない話しかしてない。

 

 

彼らの名前を曝さない理由をちょこっと話そうと思います。

そんなに大層な話でもないんですが、お話の本質に関する事についてなので
一応ワンクッション入れておきます。